FC2ブログ

トニー・アイオミ、ロニーとの仕事は「エキサイティング」だったと語る

ロニー・ジェイムス・ディオのオフィシャルFacebookを見ていたらトニー・アイオミの記事が見つかったのでご紹介します!
オジーの解雇からロニーとの作業に至るまでについて、BLABBERMOUTH.NETでトニーが語ったもの。


dio180610c.jpg
トニー・アイオミ(向かって左)とロニー。これはおそらく92年の再結成の時のもの。


"BLACK SABBATH's TONY IOMMI Says Working With RONNIE JAMES DIO After Split With OZZY OSBOURNE Was 'Exciting'"

元記事はこちら




「大きな問題はドラッグから始まったと思う。その時点で多くのツアーをやっていた。新しいアルバムを作るときに問題が顕在化したんだ。新作のためにロサンゼルスに行った。L.A.に家を持っていて、リハーサルのためにその家に11か月いたんだ。何もできなかった。リフや内容はたくさん浮かんだんだけど、一緒に歌をまとめるという点では何もしなかった。すべてのことが崩壊していたからね。みんながそれぞれの部屋にいたよ。」

・・・と、前半はオジー末期のBlack Sabbathの大変な状況についてけっこう長々と語っているのですが割愛。

要は「ロサンゼルスで新作の準備をしたが何もできなかった」とのこと。トニーの言葉によるとその原因の大半はオジーのドラッグにあるようです。
トニーもこの時のことについてはかなり印象に残っているようで、「オジーのせいで制作が進まなかった」ことを延々と語っているのがちょっと笑える・・・(いや本人たちにしてみれば笑えないけど)



と、このあたりは翻訳をすっ飛ばしてロニーが入ったあとの話に移りますね。
読みやすいように改行と段落は適当に管理人がやりました。




Black Sabbathがあの時代に解散していたらどうなっていたかを尋ねると、アイオミは言った―
「確かに、その時点で続きはしなかったよ。悪くなる一方だった。みんなが落ち込んでいた。自分たちを押し上げてくれるものが必要だった。それで我々がディオをオジーの代わりにしたとき、本当に新しく始まったんだ。我々は何らかのインプットをしてくれる人間を持った。彼は浮かんだリフに歌ってくれた。君がリフを思いついても、そこから何も出てこなかったらいささかがっかりだろう。そして君は考え始める、『自分たちは何をしているんだ?』と。

ロニーが入って来て私がいくつかのリフを弾いたとき、直ちに彼は歌い始めたんだ。私たちはBel Airの同じ家に住んでいて、ガレージをスタジオに変え、そこに行ってプレイした。ロニーがやってきて生で演奏した時はすばらしかったよ―彼は歌っただけなのに見事なんだ。まったく違ったアプローチだった。

ロニーが招き入れられてすぐ、曲の書き方も変わった。私は違ったやり方で演奏できたからね。オジーはリフの上で歌い、リフについていくのに、ロニーはリフの間で歌うんだ―彼はリフの上でいつも歌うわけではなかった。コードの上で歌うんだ。彼に、リフの上でも歌うように話してみたが、それはいくつかのものでやっていた。でもだいたいは良かったよ。曲に違うやり方でアプローチできたからね。

さて、ここにどこに行くのか分からないシンガーがいる。とてもエキサイティングだった。演奏はできるし、元はそうなると思っていなかった領域に彼が歌っているのを聴ける・・・後日、彼はアイデアを出し始めた。初めはさほど正しくはなかった。彼は新しいメンバーだったし、ボートをひっくり返すことは望んでいなかったからだ。たしか、「Children of the Sea」が、ロニーの歌った最初の曲だよ。その曲のリフはちょっとあって、彼はすぐに歌い始めたんだ―実に良かったよ―それが彼の最初にやったことさ。」






オジーとロニーの歌の違いについては、ギーザー・バトラーも似たようなことを言っていました。「オジーの歌は曲についていくもので、ロニーの歌は曲を先導するものだった」と。管理人は『虹色の言霊』で読んだ記憶があります。


トニー・アイオミが今でもロニーをしっかり覚えていてくれるというのが嬉しいなあ。

ロニーが亡くなって9年たち、その間にオリジナルBlack Sabbathが再結成されたりして、正直言って管理人はロニーが忘れられるんじゃないかと心配することが何度もありました。

でも先日のロニー時代Black Sabbathの写真集の件といい、どうしてどうしてロニーの話は定期的にちゃんと出てきますね。
なんか「ロニーを忘れさせてなるものか!!」という意志のようなものを感じます(笑)。たぶん出どころは奥さんとNiji Entertainmentだな。


1日1回クリックで応援お願いいたします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ニキ

ロニー・ジェイムス・ディオをこよなく愛する画家。
ファンアートも制作してます。

タグ

ロニー・ジェイムス・ディオ ヘヴィメタル ハードロック DIO ブラック・サバス BlackSabbath Rainbow ヘヴン・アンド・ヘル ヴィニー・アピス トニー・アイオミ ギーザー・バトラー ジミー・ベイン リッチー・ブラックモア スコット・ウォーレン コージー・パウエル オジー・オズボーン ヴィヴィアン・キャンベル クレイグ・ゴールディ ジェフ・ピルソン サイモン・ライト トニー・カーレイ トレイシー・G クロード・シュネル ウェンディ・ディオ ホーリー・ダイヴァー WeRockCity レインボー・イン・ザ・ダーク ダグ・アルドリッチ 銀嶺の覇者 デイヴィッド・ストーン HeavenandHell ロブ・ハルフォード ルディ・サーゾ twitter ゲイリー・ドリスコール Angrymachines クレイグ・グルーバー ミッキー・リー・ソウル ボブ・デイズリー エディ・トランク レインボー Loudwire グラハム・ボネット ジョー・リン・ターナー ファンアート ポーツマス Line Dehumanizer Last In メロイックサイン The ローワン・ロバートソン KERRANG! イェンス・ヨハンソン ブルース・ディッキンソン テディ・クック meme Heavenandhell ムラマツヒロキ カヴァルナ ブルガリア 映画 チルドレン・オブ・ザ・ナイト Stargazer アイアン・メイデン ボルタンスキー展 マイク・トランプ ドロ・ペッシュ 反核 amass RHINO Begotten ヨルン・ランデ トニー・マーティン 早稲田 WatchMojo メンバーチェンジ メタル HolyDiver ドラードギャラリー 展覧会 スコット・イアン MEGADETH デイヴィッド・カヴァデール セバスチャン・バック Twistedsister グレン・ヒューズ fc2ブログランキング 

広告ポリシー

Amazon.co.jpアソシエイト